ナトリウムライダー用589nmレーザー

589nmコヒーレント光源を開発しました。従来のレーザー媒質であるNd:YAGレーザーの励起方法をQCW LDへすることにより無駄な熱発生が抑えられ良好なビーム品質が得られます。

ナトリウム温度計測ライダーに使用されたNd:YAGレーザーの発振線1064nmと1319nmの和周波混合(SFM)による589nm光源を開発。(名古屋大学・信州大学)
従来のレーザー媒質であるNd:YAGレーザーの励起方法をフラッシュランプからQCW LDへとすることにより、無駄な熱発生が抑えられ、良好なビーム品質が得られる。 また、空冷化が可能なためシステムが大幅に簡素化、レーザー装置の小型化も実現。
レーザーの出力は観測の時間分解能に影響を及ぼすため、高繰り返しにより、信号光強度の積算が数分程度で行われ、時間変化の短い現象を追うことが可能になる。

ナトリウムライダーによる温度計測

ナトリウムライダーは、ナトリウムの吸収波長である589nmのレーザー光を大気中に射出し、高度80?110kmに存在するナトリウム原子層の共鳴散乱光スペクトルのドップラー拡がりから、中間圏・下部熱圏(MLT)大気温度を高精度に測定するものです。